本文へ移動

エスティーピー ランニングクラブ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

全力疾走禁止令⇒大谷翔平選手の怪我に非難の嵐

2017-04-11
日ハムに元気がない
中日は雰囲気が・・・
 こんにちは。請関です。
 すっかり、野球ブログになってしまっている私(笑)
 なんせ、疲労などから体調を崩すこともあり全然ランニング出来ていません。大会などがないのも原因でしょう。体重もレース当日と比べ+4キロ。そろそろまずくなってきました。
 
 ・・・と私の太った話はどうでもよく、盛り上がっているプロ野球へ。
 1番衝撃ニュースは、表題にもあります大谷選手の怪我ですね。これは、勢いをつけたかったチームの士気を一気に下げるかたちになりました。
 栗山監督から言われていた◎全力疾走禁止令◎ただ、世の中は、「全力プレーできないなら、休ませたほうがいい」など回復優先を求める声が大半でした。そして、先日内野安打になろうかというボテボテの当たりでベース上で怪我をしてしまいました。
 栗山監督の狙いは、①長打コースなどのゆっくり走れるケースはゆっくり。②明らかにアウトなのは全力ではなくていい③大谷が打線にいることでの相手チームへのプレッシャー だったと思いますが、この色気づいた考えが仇となりました。
 どうしても治療専念が嫌であればここぞの代打要員で控えさせ、いつ代打大谷が出てくるかでプレッシャーをかけるのが得策だったと思います※代打用意をさせておいて、実際は、2日に1回くらいしか出さずに治療に重きを置く考え。
 何はともあれ、今年で大谷選手を国内で観ることは最後かもしれないので早く万全の状態で復帰してもらいたいものです。
 
話が長くなりましたので、各リーグのまとめは簡単に!!
 
 パリーグ
 楽天:前回も書きましたが、攻撃重視の打線というだけあり、リーグ最多の49得点。打てなければ勝てない時代に一石を投じています。ファンの方は、面白いでしょうね!
 ソフトバンク:松田選手がブレーキ。WBCの疲れでしょうね。千賀投手も打たれましたし、WBC組が多かったので序盤は苦しい戦いになるかもしれません。
 西武・ロッテの事はコアなファンが社内にいるので書けません。
 
 セリーグ
 広島:開幕直後は大味な試合をしていましたが、なんだかんだ昨年と同じ首位へ
 巨人:ファンなだけに書きたいことはたくさん。1つだけ。調子のいい選手を起用してほしい。以上。
 DeNA:会社の近くにある三養基高校出身の濱口くんがプロ初勝利!!これからにも期待。
 
 では、また次回。

~プロ野球2017年シーズン開幕~

2017-04-03
 こんにちは。請関です。
 
 いよいよプロ野球が開幕しましたね。
 皆様の応援している球団はいいスタートダッシュは切れましたか?
 
 わたくし請関は特別贔屓の球団はないのですが、強いてあげると巨人ファンです。ただ、野球そのものそして攻撃が好きなので、どのチームの試合でも観ます。
 弊社には他にも、西武ファン・ロッテファンがいます。順位や交流戦の結果次第では、社内の雰囲気に影響を及ぼすことも・・・(笑)
 
 各リーグを簡単にまとめます※個人の見解です。
 パリーグ
 ソフトバンクが順調に3連勝。相手のミスなどもありながらきっちり勝利。
 楽天は2番に外国人選手を置く超攻撃重視のオーダーが嵌り、こちらも3連勝。
 日ハムは大谷くんが打率6割超えするも負け越し。
 
 セリーグ
 巨人は阿部選手の活躍で3連勝。代打やリリーフの好投も采配的中。契約上、仕方がないのでしょうがマギー選手ではなく、村田選手をスタメンで起用してほしいです。
 広島は、昨年優勝チームながらも失点が多い試合。開幕投手ジョンソンのまさかのKO。
 ヤクルトは苦労人・鵜久森選手の代打満塁サヨナラホームランなどもあり勝ち越し。
 
 また、明日から楽しみです。

ランニングは4月1日から再開 & 清宮幸太郎 のMy評価

2017-03-29
この写真だけで強打者だとわかる
 こんばんは。請関です。
 
 今回は、早稲田実業の清宮幸太郎選手を私なりに分析したいと思います。
 世の中的には、支持層とアンチで大きく評価が分かれます。
 支持層⇒高校野球界のスーパースター。プロでも活躍間違いなし
 アンチ⇒本塁打数はすごくても大した打者ではない
 
 ブログでの批判などは会社のHP掲載ですので、勿論ご法度ですが遠慮しているのではなく、私は断然支持層です。
 プロでの活躍の定義は難しいですが、シーズン通してのレギュラーを獲得し3割打者になれると思います。
 
 清宮選手の凄味は4点あると思います。
 ①写真からもわかる打撃時の間(ま)です。この間がない選手は本当に多い。甲子園に出てくる打者でも半数以上は間がありません。※かくいう私も野球人生でこの間を身につけることは出来ませんでした・・・簡単にいうと間がないと変化球が打てません。
 清宮選手は、中学時代からこの間を身につけていました。
 ②手首・股関節を中心に身体全体のやわらかさ。ここはどの球も当てられてしまう器用さにも繋がり現状では欠点でもあります。
 ③スイングスピードの速さ。対東海大福岡での試合でもありましたが、打ち取られたフライが滞空時間が長く、落ちてこないこと落ちてこないこと。背筋力からくるものでしょう。
 ④そして、1番すごいのが「気付き」です!!
 彼は既に高校生レベルでは気付く事が出来ない色々なことに気が付いていると思います。私も今の野球の知識で中学時代に戻れたらなぁなど思うことがあります。言葉ではうまく表現するのは難しいですが、非常に賢い選手です。大人びている。こういった選手は工夫がうまく、修正能力に長けています。

さが桜マラソン ~本物

2017-03-24
こちらは本物のさが桜マラソン、目標タイムは3時間40分切り!
 
当日は、筑紫野市にて子供の空手試合も行われる為、
 
9時 マラソンスタート
12時40分頃 ゴール
13時10分頃 着替え等を済ませて、佐賀市内より筑紫野へ向かう
14時 空手試合会場着
 
と、ゴール後も慌ただしい予定。

空手の試合は、午前が形・午後から組手となっており、子供2人には、
「組手で勝ち上がって行けば、何とか間に合うから」と固い約束。
 
 
天候は快晴、9時の気温8℃くらいで、最高気温20℃の予報。
暑くなりそう・・・
 
日頃、太陽が顔を出す前にしか走らない私にとって、暑さは最大の敵です。

そんな不安を抱えながら、キロ5分10秒で行けるとこまで行くレースプランでスタート。
 

Bブロックからのスタートでそれほど混雑もなく順調に進み、
 
8キロくらいで右足甲に軽い痛み・・・
2週間くらい前に痛めていた部分で、完治したものと思いテーピングしてなかったことを後悔。
 
去年の10キロ地点棄権が頭をよぎるも、多分大丈夫と言い聞かせて10キロ通過。
 
15キロくらいまでは想定通りに進む。

ここら辺りから向かい風が強くなってきて・・・・
気温も上がってきて・・・
 
折り返し以降の追い風でもペースは上がらない。。。
25キロくらいで5分30秒も苦しくなり・・・
 
右足甲も痛いし・・・
 
以降、6分~6分30秒の歩かないのがやっとのペースに。。。

30キロ過ぎたくらいで作業服を着た隊員Sを発見。
こんなところでメンテ??
そんなはずもなく、応援に駆けつけてくれてました。
 
しかし、何故に炭酸ジュース???

そんなこんなでフルマラソンの苦痛を存分に味わって、3時間55分3秒でのゴール。
 
サブ4は何とか死守するも、目標タイムには遠く及ばずの結果で、へばってから歩かなかったのが唯一の収穫でした。
 
 
そして・・・
 
「空手に行かなきゃ!!」 でも、20分の遅れ&足痛い。

「無理だな・・すまん・・・」と心の中で子供に誤り、会場内の足湯コーナーで休憩。

足湯スタッフのおばあちゃんとしばし談笑して、荷物を受け取り帰り支度をしているとところで、

長女、形3位入賞 & 今から組手が始まるとの報告。。

父の頑張りはもう一つでしたが、子供は頑張っている・・・

「向かわねば・・・」

当初予定よりも30分程遅れて試合会場に到着。
 
2回戦で敗れた長男の試合には間に合いませんでしたが、
長女はあれよあれよと勝ち進み、結果こちらも見事3位入賞!!
 
そんな充実の日曜日でした。

次回の試合は、今週土曜日・鳥栖市長杯です。

以上、空手ブログでした。塩川

九州六大学野球日程 & さが桜ウォーキング総括

2017-03-22
 こんにちは。請関です。
 わが母校であります久留米大学硬式野球部の春季リーグ戦の日程が決まりました。
 最近は遠方に観戦は行けないので、4月22日の久留米球場にて観戦予定です。子供2人連れての観戦ですので、落ち着いては観られないとは思いますが・・・
 最近は、六大学とも力が拮抗しておりどのチームが優勝してもおかしくない状況です。
 福岡大学は強豪ですが、2連勝して勢いをつけてもらいたいです。
 
 
 さが桜マラソン総括{反省&対策(いいわけ)}
 順調に調整できていたと天狗になっていたレース前。結果は28キロ以降ウォーキング大会になってしまい惨敗。
 では、今後どうようにすればいいのかを傷心中の今だからこそ真剣に考えた!!!
 ①今回の最大のミスであるレース前に食事を摂りすぎた。終始、満腹状態で走っている時の様に胸が苦しく、ウップウップいっている状態。空腹はいけないと食べ過ぎた・・・何度も吐く事を覚悟した。
 ⇒今後はメニューなどを試行錯誤し、自分に合った食事をみつける
 ②背中の張りや、股関節・下半身のだるさ。満腹走法のせいでフォームが乱れ、感じた事のない場所にも軽い張り。更にフォーム悪化。
 ⇒42キロ綺麗なフォームで走ることは不可能。柔軟やストレッチを重視し、可動域を広げ、楽なフォームの幅を広げる。
 ③練習の距離不足。30キロ走などはしたが、普段から1回あたりの練習距離が足りない。後半粘れなくなる。
 ⇒毎月20キロ以上は必ず走る。
 ④暑さ対策。日中19度前後だった大会。ただ、暑さのピーク前から歩いてました(笑)ただ、日頃の練習は、早朝か夕方。日中には走っていません。
 ⇒家族に迷惑をかけないように早朝にしていましたが、月に何度かは妻にお願いし日中RUNも行う。
 ⑤ふともも裏の強化。今、全身筋肉痛が残る中で特に激しいのがふともも裏。気を抜くと攣りそうです。これは今後の大会で1番最初に疲れがくる可能性がありますので強化が必要。
 ⇒階段をおりる時が1番辛い。=ふともも裏トレーニングにピッタリ♪。会社近くの神社をお借りしてトレーニングする。
 ⑥給水・給食がへたくそ。①に繋がる部分はありますが、走りながらの給水や、給食の量・タイミングがへたくそ過ぎる。
 ⇒普段から給水の練習も加える。
 
 
 以上6点。てか、こんなに課題あるのによくサブ4行けるなんて勘違いしてたな(笑)
 まだまだ、疲労があり練習再開は出来ませんが、気持ちが熱いうちにまた練習が普段のルーティンに組み込まれるように頑張ります。
 
TOPへ戻る