本文へ移動

エスティーピー ランニングクラブ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

月1回の20キロ走

2017-06-05
 こんにちは。請関です。
 先週の石川ランが時間の関係で20キロ未満だったため6月になってしまいましたが、5月分の20キロ走を6月3日早朝に実施。
 陽がのぼり多少暑くなってきたせいか終盤に課題である太もも裏に疲労が・・・
 このあたりは補給やトレーニングでクリアしないことには、またフルで自滅します。
 今月下旬にも再度20キロ走をしますので、今回の反省を活かしつつ成長していきたいと思います。
 

第64回NHK杯佐賀県高等学校野球大会

2017-06-07
 こんにちは。請関です。
 
 久留米大学の同級生である吉冨俊一監督率いる唐津商業高校が見事優勝しました。
 
 NHK杯に優勝すると、夏の予選で優勝出来ないというジンクスはどこの県にもあると思います。現に唐津商業も4年前にエース田中くん(久留米大学4年生)を軸にNHK杯を優勝。しかし、夏は敗れてしまいました・・・その時に優勝したのは、NHK杯で準優勝だった有田工業でした。
 
 しかし、ジンクスはあるものの優勝を経験出来た事は夏に向けてプラス材料なのは間違いありません。
 対神埼清明戦だけ観戦しましたが、昨年の甲子園出場チームに比べると投打に軸はいないものの選手の平均点では上だと思います。
 監督自身も甲子園を経験し、視野が広くなったのか相手が嫌がる攻撃をたたみかけたりとチーム全体の成長を感じました。
 ※わたし随分と偉そうに語っていますね(笑)
 
 兎にも角にも、夏まで残り1ヶ月ここから技術の向上はのぞめません。体調管理が1番になってきます。万全の状態でのぞんでいただきたいです。
 
 佐賀県内の高校で、唐津商業以外の関係者ではないよーという方は、是非唐津商業の応援を宜しくお願いします。

石川県金沢市をランニング♪

2017-05-30
中学軟式野球も超強豪!
 おはようございます。
 月1ハーフを課しており、そこを石川県で!!と張り切っていましたが、10分寝坊と目的地到着をリアルタイムのSNS投稿で時間を食い16キロしか走れなかった請関です。6月に2回走るので許してください。ランニングの神様。
 
 知らない土地を事前に調べ、携帯のGPS連動アプリで現在地を把握しつつも、出来るだけ頼らないように走る少しMなランが好きです。おかげで少し道に迷いました(笑)
 私の知らない土地での走り方は、元高校球児だけあって野球強豪校をまわるという走り方。石川県金沢市は、なんと3校もありました。しかも、《石川私学3強》と呼ばれる3校がこんなに近くに!!
 『8時までには絶対戻ってきて』と妻に太めの釘をさされ、「わかってるぅ~」と子供のような返事をして6時10分スタート。※この時点で新家に走らないと、20キロなんて走れません。
 ホテル金沢を北東?方面に走り、3キロで星稜高校に到着。星稜高校と言えば、2大スター☆まずは、何といってもHIDEKI~MATSUI~♪こと松井秀喜選手です。同じ場所に立っていると想像するだけで鳥肌もの!!そして、もう1人はサッカーですが、詳しくない私でも知っている本田圭祐選手(西武のピッチャーではない)です。校舎すぐ横にキレイなサッカー場もあり、この地で本田選手が「つまらない上下関係なんてなくしましょう」と1年生の立場で言ったのかと思うと恐怖で鳥肌もの!!大物ですね。自身が3年生になったら上下関係を復活させたとかさせてないとか・・・
 次に星稜高校より南?に5キロほど行った所にあります遊学館高校。プロ野球選手を3人も輩出している強豪校。校舎は無機質なコンクリート構造にもかかわらず、城下町の風景にもマッチした素晴らしい建物でした。
 日本三庭園兼六園だろうが、野球バカには強豪校の方が興味があるので外観のみで通過。
 3校目の金沢高校へ。遊学館高校より南?に4キロ地点。OBには、楽天でスプリットを武器に活躍している釜田投手や、元ロッテ・現ヤクルトの左の代打大松選手などがいます。同い年のプロ野球選手も少なくなっている中で、大松選手にはますます頑張っていただきたいものです。
 
 余計なお世話ですが、全国レベルの3校が10キロ圏内にある最高の環境で練習試合や合同練習をしているのでしょうか?私の母校は、市内どころか県内の高校とは一切練習試合をしない学校でした。これは相手に情報を与えない作戦なのでしょうが、私は反対の考えです。
 全国クラスの相手と練習などをすることで、チーム内外での競争がうまれ、より大きく切磋琢磨できるのではないでしょうか?もし、大事な大会で当たった場合も、互いに丸裸なら条件は同じ。3校全て、私立なので色々な事情はわかりますが、メリットも多いように感じます。
 
 本当に余計なお世話でしたね。
 どの学校の生徒も、学校をジロジロみてるオジさんに元気よく挨拶をしていただき、気持ちよく走ることができました!! 終わり

九州六大学春季リーグ戦 福岡大学 優勝

2017-05-22
引き分けが多かった。1位と5位のチームも引き分け有
 こんにちは。請関です。
 先程、長々とリーグ戦総括をしていたのですが、読みにくいなと感じていたら、うまく保存できていませんでした(笑)
 手短に!!
 添付写真は最終結果をしめすものではありませんが、福岡大学が優勝しました。
 久留米大学は6勝4敗で3位という結果でした。
 久留米大学硬式野球部関係者の皆様お疲れ様でした。熱いリーグ戦をありがとうございました。

またまた2連勝♪ 久留米大学 対 北九大 九州六大学野球春季リーグ戦 第7・8戦

2017-05-16
 こんにちは。請関です。
 表題通り、久留米大学硬式野球部が4勝2敗で迎えた第7・8戦をまたまた連勝し、6勝2敗になり同率ですが首位をキープです。
 
 添付写真は、福大が再試合を残しての表なのですが最新の結果では久留米大学・九州国際大学・福岡大学が6勝2敗で並び最終週を迎えます。
 気になるそれぞれの相手は、久留米大学は同じく首位の九州国際大学との直接対決。
 福岡大学は、1勝と苦しむ九州大学です。
 この組み合わせだけをみると福岡大学が2連勝しそうな悪い予感・・・
 ただ、よその成績次第という他力本願ではなく、九国に連勝し、もし福大も連勝していたら決定戦で倒せばいいだけなんです!!
 思い起こせば、2004年の春のリーグ戦も久留米大学は決定戦までいったのですが惜しくも敗退!!OBもそのころの悔しい思いがあります。
 今年は、左右両エースをはじめ、打線も得点力はUPしているようなので期待大だと思います。
 残念ながら観戦にはいけませんが、応援しております。
 
 頑張れ!!久留米大学硬式野球部~♪
TOPへ戻る