エスティーピー ランニングクラブ

 

さが桜マラソン2017 に向けて② & WBC(野球W杯)開催

2017-03-06
 こんにちは。請関です。
 表題・添付画像にもありますようにマラソン&WBCの開催です。
 
 まずは、さが桜マラソンから・・・
 前回30キロ走を行い、今回は20キロ走。ペースは同じキロ6分。順調に終了。
 秀でた能力はないものの、怪我をしない正に無事是名馬と言った感じの我が血統。丈夫な体に産んでくれて、親に感謝。
 2週間を切った今日からは、短い距離でペースをUPさせる練習と、レースペースを体に覚え込ませる練習に入っていきます。
 ダイエットでの体重調整の方は、土日もお菓子や間食を我慢できるという自分の中での快挙☆ただ、思ったより落ちておらずテンション下降気味。
 サブ4達成時の喜びのために、グッと我慢する時期だと思うので耐えに耐えます。マラソン終了後の帰りの車中で大好きなカフェオレとお菓子を大量に食べる予定です(笑)
 
 
 話は変わって、WBC!!野球は大好きなものの、テレビでの試合観戦はほとんどしません。観るからには、超真剣モードで観たいので、子供がいる環境での流し観戦は出来ません。ただ、このWBCだけは観戦しようかなと考えています。
 今更ですが、国民の期待だった大谷翔平選手が足首の怪我により辞退。一昨日には楽天嶋捕手も怪我で辞退。・・・と計画通りには進んでいない様子ですね。昨日までの強化試合なども、若手中心の阪神に負けたり、オリックスにも接戦だったりと、代表と言える格のようなものは感じ取れませんでした。
 原因はやはり投手の制球にあるようです。滑るボールにより変化具合のズレや、すっぽ抜けでの失投や大きく外れてのボール。1球・1球が次の球への布石となっていく線の投球が出来ておらず、苦しんでいるようです。
 自主トレやキャンプでも専用のボールで練習していたにも関わらず、ほぼ全員の投手が苦労するあたり繊細な作業なのでしょうね。
 打線も機動力はほぼ使えず、1人1人の能力頼みといった昔の巨人のような打線。いや、打点です。それぞれがバラバラに打っています。チームの主軸バッターは幼き頃から主軸しか経験していません。そんな選手を下位打線に置いたりしても役割を発揮できるとは思いません。
 
 こういった所はサッカーを見習うべきだと思います。私の記憶ですが、当時代表キャプテンだったDFの宮本選手が所属チームで控えの時がありました。これは、代表と所属チームの戦術が違うからと詳しい方に聞いたことがあります。今の日本代表でも11人考える際に戦術あり気なので、本当に十人十色のメンバー構成になるはずです。
 
 ところが野球はどうでしょう。9人中7~8人は同じになるのではないでしょうか?捕手以外は松田・山田・菊池・筒香・鈴木・坂本・中田など一部を除きますが、基本的に強打と言われる選手をズラリと並べる傾向があります。ただ、それは国内ではいいのかもしれません。サムライジャパンがシーズン通せば100勝なんて当たり前の最強軍団になります。
 ですが、相手は世界です。基本的にストレート待ちのパワー野球が売りのアメリカ・ドミニカ・韓国。日本と同じようなスタイルのアジア系のチームなど様々です。
 引退されましたが、代走専用で鈴木選手。カット打法で球数を放らせられる中島選手。クイックが遅い投手が海外は多いので長打率はイマイチでも足が速い選手など対外国チーム用の編成をしてほしかったように思います。
 
とはいえ、野球ファンとしては当然優勝してもらいたい。
全力で応援します。まずは、明日の対キューバ戦。是非勝ってもらいたい!!
 頑張れ!!サムライジャパン!!

さが桜マラソン2017 に向けて

2017-02-27
 こんにちは。長女に怒ってばかりの請関です。反省の毎日です。
 
 3月19日開催の【さが桜マラソン2017】に向け、3週間前となる2月25日に30キロ走を敢行。
 お金を生まない趣味は、原則:早朝に済ませること・家族に迷惑をかけないこと(家事・育児の負担が妻だけにならない様にする)の我が家。
 30キロ走は、スピードよりも3時間体を動かし続けることが目標なのでキロ6分予定。つまり3時間かかりますので、8時着が目標。※朝ご飯の皿洗いをすれば相殺♪
 
 4時半起床。準備だなんだをしていたら、あっという間に出発時間。この瞬間が1番憂鬱です。
 
 写真にもあるように約3時間で終了。体や脳にも大会が近い事を伝えることが出来ました。
 
 ここからは大会3日前までは66キロ前後まで落とすダイエット週間。大好きなお菓子・間食をやめ、炭水化物もある程度制限します。
 
 
 3年前の初マラソン時にサブ4宣言し、周りから「絶対無理だ」と非難轟轟だった私。今、思えば恥ずかしい限りです。
 ただ、今は伊万里ハーフマラソンで1時間43分台で走り、ようやくサブ4宣言しても、「いけるよ」と応援していただけるレベルまで達することが出来ました。
 
 千載一遇のこのチャンス!!絶対、ものに出来るように、GOALするその瞬間まで慎重に暮らします。もう桜マラソンは始まっているんです!!※少し大げさ?(笑)
 
 応援の程、宜しくお願いします。

京都マラソン!

2017-02-23
●京都マラソン当日
天候:晴れ / 気温:2℃ / 最高気温:10℃くらい / 風:少し
絶好のコンディションですが、16,000人が参加するだけあって、人・人・人。
 
目標タイムは、3時間41分43秒であわよくば40分切り、つぶれても45分切りの設定。
不安が残る左足首付近は、痛いような痛くないようなでテーピング施工。
大会ゲストの本田望結ちゃんに見送られて、陸上の聖地・西京極陸上競技場をスタート!

5キロ 26'50"
最初の1キロは5'40"で以後5'20"→5'10"あたりで。ほぼ想定通りで。
 
10キロ 52'52"(25'58")
激しい登り区間、想定では5'25"くらいでしたが、5分ちょっとまとめてしまいオーバーペース気味。

15キロ 1:18'55"(26'02")
アップダウンが続く上り基調区間は、ほぼ想定通りで走破。
 途中、世界文化遺産である仁和寺前のお坊さん総出の応援は京都ならではでした!!
 
20キロ 1:44'54"(25'59")
アップダウンが続くも、最高地点を通過。5分ちょっとのペースで快走。
上り下りの辛さが勝り、気付けば足の痛みは無し。
 
中間点 1:50'24" 
想定よりも1分の貯金。脚の疲労はありあり。
 
25キロ 2:10'22"(25'27")
上り基調が終わって、本日最速の5キロラップ。・・・ が、アップダウンが効いて脚のダメージ大。
 
30キロ 2:36'31"(26'10")
へばり初めの区間でした・・・右脚の感覚が少し無い感じに。エイドの八ツ橋うまし。
コースは鴨川河川敷へ、舗装されておらず狭い為、走りにくい。でも、まだ1分間の貯金。
 
35キロ 3:03'30"(26'59")
下り基調の区間なのでペースアップしたかったとこですが、5'30"くらいまでペースダウン。
ここで想定タイムと並ぶ。つぶれたときの3時間45分にターゲットに切り替える。
ここからが本当のマラソンの始まりだと言い聞かせて・・・
 
40キロ  3:32'28"(28'58")
この最終盤にきて上り基調の区間。途中、救急搬送の為20秒ほど一時停止のアクシデント。(これもマラソン)
37キロくらいから銀閣寺に向かう坂は・・・本当に地獄でした。(画像参照) そのまま天に続くのかと思いました・・・銀閣寺は見えないし・・・
 
●ゴール 3時間44分42秒 
本田望結ちゃんに迎えられてのゴール。自己ベスト6分ちょっと更新!!
 
 
前半のアップダウンで脚を使ってしまって、後半へばるという典型的?な展開でした。
気になってた足の痛みは、またもや無し。。気持ちの問題か。。神業テーピングを取得したか。。
30キロ手前でペースダウンし、35キロくらいで体が死んでしまうというパターンでしたが、
そこから気持ちで5分40秒くらいで頑張れたところは、我ながら成長を感じました。
次回は3月のさがさくらマラソン。またもや空手の試合とかぶってまーす。
 
塩川

寒さに勝てず・・・ & 復活に期待★

2017-02-14
 連日、日の出までは0度前後の久留米市在住の請関です。
 タイトル通り、早朝ランがなかなか出来ていません。伊万里ハーフで自己ベストだったからか調子乗っちゃって~(ゆりあん風・・・失笑)
 布団の温かさから抜けられず、ポケモンGOイベント中にも関わらず走れていません。
 1月は137キロ。2月は今日現在で48キロ。
 これではダメだ・・・来月のさが桜マラソンが不安になってきました。このブログを機に気合を入れ直します。
 
 今日はもう1つ大好きな野球から明るい話題。私の2個上の世代になる《松坂世代》のソフトバンクホークス松坂大輔投手が、ようやく復活しようとしています。以前から体型など言われておりましたが、体重も6キロほど絞り復活を目指しているようです。
 
 では、なぜ痩せたことで復活を期待する声が増えたのでしょうか?
 
 それは1番に肩周りの筋肉がすっきりすることです。本来、超本格派の松坂投手はオーバースローです。
 肘を耳スレスレの所から抜く事で、打者にボールを隠しながら投げられます。これが、以前までだと無駄な筋肉により可動を妨げられ、肘が我慢できず、少し早く内旋を始めます。これにより、肘がしならず手が肘を追い越しそうになり、いわゆるアーム式に近づきます。これにより肩肘にストレスが蓄積し、いずれ痛みにかわります。
 この状態を回避するためには、左肩を早く開けば解決します。しかし、それでは球威も落ち、なおかつバッターへ早くボールが見えてしまうため簡単に打たれます。正しく負のスパイラル。
 そこで今回、無駄な筋肉が落ちたことで、本来のオーバースローに戻りつつあります。これにより、左肩を早く開く必要はないのでバッターに見づらくなり、打たれにくくなります。1箇所修正されるだけで、全ての歯車が良くなるあたり野球は深い。ただ、写真の比較でわかるように、手の位置はまだまだ修正が必要なようです。
 
 あともう1箇所復活には必要だと私は考えます。
 それは、ステップ幅です。これも写真で比べると一目瞭然。これは長年メジャーの硬いマウンドでの投球で、修正したものです。ただ、これでは上体だけで投げるので、日本人には不向きです。
+動画で見ると股関節の硬さが目につきます。ステップ幅を広げたくても広げられないのかもしれませんね。ただ、幅が広ければ広いほどいい!というわけではありません。広すぎると、体重移動がスムーズではなくなり、力が軸足に残ります。理想は、体重移動で全ての力が前に向く幅です。これが難しい。改めて野球は深い。
 
 常時140キロ後半は厳しいでしょうが、フォームとキレで充分通用すると思います。同世代としてはまだまだ活躍してほしいものです。
 

もはや恒例か。

2017-02-14
お久しぶりです。
快調だった1月の伊万里ハーフ。
その後、調子良く走り込んでましたが、
1月下旬から左足くるぶし付近の違和感発生。。。
 
今週末19日は、いよいよ京都マラソンです。
レース前の痛み・違和感、もはや恒例か?

足の調子は一進一退。
先週末は、最後の追い込み練習として、
キロ5"30→5"00まで上げての15キロ走を実施。
走ってる最中は、まずまずの状態だったのですが、
走り終わってから左足すね外付近に強烈な張り感が・・・

ちなみに、19日は熊本芦北で子供の空手大会が行われます。
子供の試合よりも自分の試合を優先するのか・・・?
 
家庭内でも強烈な逆風を感じますが、その逆風を追い風にできるよう頑張る所存です?
 

画像は前にも紹介しましたが、少しでも前向きな気持ちで挑みたい思いを込めて。
 
塩川