エスティーピー ランニングクラブ

 

見事な走り ~佐賀30Kラップタイム~

2018-02-07
タイトル見ていきなり自慢かいっ!!大したことないわ!!
と、怒らないでください。見事な走りだったのは、4時間ペース(5分30~40秒/Km)で先導してくださったペースメーカーのお二方です。
 
今回は、前回はしょりましたレース内容を振り返ります。
 
まず3時間ペース希望のランナーから1分置きにスタート。
大会の目的としてレースペースを知ろう!があったのでみんなペースメーカーについていく大会なのかと思いきやペースメーカー(あっ、ペースメーカーって入力面倒くさい。以下:PM)をガンガン抜いていく。主旨と違う・・・
当然、私の4時間ペース組もPM無視(笑)
私はあくまでさが桜マラソンでのフルを意識してついていくと決めていたので、ゆったりスタート。
1キロ地点⇒まず、いきなり計測ミス(笑)スタート直後時計を押したみたいで2秒で止まっている・・・
2キロ地点⇒仕切り直しが無理なのでPM追走中。15人集団。
3キロ地点⇒ようやく計測可。5分38秒。お見事♪
4キロ地点⇒5分38秒。またもやお見事♪
そこから数キロ走ってもお見事連発♪♪♪感動しながら追走中。
時折吹雪くBADコンディション。気温は0℃。体感はマイナス気分。そこそこ薄着(笑)
10キロ地点⇒通過前に尿意。雑念として払おうにも尿意。膀胱が叫ぶ「残り20Kmは無理だって・・・」やむなくトイレへ今日イチのスピードで駆け込む。
かじかんでいる手ではパンツ・スパッツの紐がほどきづらい・・・約1分20秒のロス。コースに戻ると遥か先にPM。ただ、本番レース意識の請関は焦らない。まだ、20Kmある。5分20秒ペースで数周かけて追いつこう。算数が苦手な私は、【花子さんが時速4Kmで歩き、4分遅れて太郎くんが時速6Kmで歩いた時に太郎くんは何分後に花子さんに追いつきますか?】的な問題はダメでしたので、まぁいずれ追いつくや。くらいで走りました。
18キロ地点⇒ようやくPM集団に合流。するもまた、尿意・・・しかし、ここで離れるともう追いつけない。我慢の走りが続きます。
 
ここからゴールまでは、PMお二方と私と2名ほど。お見事連発♪♪♪
北九州マラソンを翌週に控え20Kmでリタイヤする方や、20Km地点からスピードをあげる方。垂れていく方。意識は様々。
 
最後はPMの方に質問してアドバイスを頂いたり、ランナーの方に絶対サブ4出来るよ!アンタは栄養の摂り方が悪い!!とランの途中と完走後に説教されたり(笑)しましたが、楽しく走れました。本番ではここから残り12.195Kmを同じペースでかぁと考えるとまだまだ課題が見えてきました。
 
フル以外の大会は損だと考えていましたが、伊万里ハーフ・佐賀30Kを経験しかなり勉強になりました。
 
ペースメーカーのお二方。アドバイスを頂いた大分のおじちゃん。ありがとうございました。頑張りますね!!

今年2大会目 佐賀30K(サガサーティーケー)に参加しました。 請関

2018-02-05
目標タイム3:59:59 せこさが出てる(笑)
タイムは競わない大会なので余力残しで走り切る!
疲れをとりに吉野ヶ里温泉へ♪
参加賞のロングティーシャツ
タイトルしっかり読みました?流し読みしていません?
最後に私の名前書いていましたが、請関ではなく、諸関になってましたよ(笑)
 
 
 
はいっ!!確認するためにタイトルまで戻りましたね(笑)
ちゃんと請関でしたねぇ~。遊ばれましたねぇ~。
すみません。怒らないでください。30Kラン頑張ったのでお許しを・・・
 
請関です。
朝7時。いつもより1時間以上起きるのんびりした朝。外は一面雪景色。九州レベルなら吹雪と言っていいレベルの横殴りの雪。『これは30K辞めよう。うん、逃げではない。風邪引いたら意味がない。仕事に支障でるし、何より家族に迷惑がかかるから・・・』
妻も起きてくるなり「すごい雪ね!!子供の発表会控えてるんだから風邪引かないでよ!行かないよね?」
よしっ!辞める条件は整った。計測チップ返却用の封筒にチップを入れ送付準備。
朝ご飯を食べる終えると、何やら外が明るい。道路の雪も溶けている。
心折れたよ・・・休みモード入ってるよ・・・でも、行かな・・・
 
 
 
さて、スタート1分前。小雪が舞う中、2キロ×15周の各々が本番を見据えた試走が始まる。結果だけをいうと、4時間目標組のペースメーカーさんに最後まで先導していただき、2時間47分くらいで完走。極寒・時折吹雪・強風の悪条件で完走できたのは良かったです。
 
 
さが桜マラソンサブ4に向けての課題
①レース前中後の食事&栄養を見直す※様々なことが重なり初のハンガーノック状態に・・・反省
②本番はペースメーカーにビッタリくっついて走る
③疲労がない状態でレースにのぞむ
④トイレ問題※トイレ行きたくないけど水分はとらないと。でもトイレいくと1分以上遅れをとる。今回もレース直前にトイレに行ったものの10キロ地点で膀胱パンパン。残りの20キロもトイレに行きたくなる始末・・・
 
さぁ、あとは3月18日の本番に向けて頑張るだけ!!
 

天草マラソン~2

2018-02-04
天草マラソンは、フルとハーフを合わせて3,000人程度の参加人数。
 
振り返ると、過去の参加大会は大きな大会ばかりで、最も小規模な大会でした。
 
トイレ渋滞も無し、ストレスなくスタート地点へ到着。
 
 

午前9時、曇天・寒空の中、スタート

以下ラップです。( )はレース前自己ベストの青島太平洋マラソン
 
0~5キロ 26分10秒 (26分42秒)
 
5~10キロ 26分5秒 (26分08秒)
 
10~15キロ 25分33秒 (25分53秒)
 
15~20キロ 25分12秒 (25分52秒)
 
ハーフ 1時間48分28秒 (1時間50分16秒)
 
20~25キロ 25分18秒 (25分55秒)

25~30キロ 25分36秒 (25分47秒)

30~35キロ 25分51秒 (25分56秒)
 
40~GOAL 10分34秒 (10分40秒)
 
タイム 3時間35分52秒 (3時間38分42秒)
 

自己ベスト3分弱の更新!!
 
しかも・・・・
 
お気づきでしょうか?

全てのラップで勝つというパーフェクトゲーム達成!!smiley
 
コースは、ほとんど平地が無くアップダウンの連続でした。
 
しかも、前半の追い風で調子良し!!と錯覚した後の、後半向かい風という、

メンタルを試されるレース展開の中、ネガティブスプリット達成!!

目標の3時間35分には惜しくも届きませんでしたが、持てる力は存分に出せたレースでした~
 
サブ3.5まであと6分と迫りました!

次回、3月の鹿児島マラソンで狙ってみようかと検討中です。

天草マラソン~1

2018-02-01
天草四朗
坂が・・・
2月に入りましたが、あけましておめでとうございます。
 
塩川です、ごめんなさい。何となく。
 

今シーズン3レース目、天草マラソンに出走してきました。
 
 
12月の青島太平洋マラソンで出し切った感があり、
何となく目標を見いだせず、モチベーションも低めのままレースを迎えることとなりました。
 

天草は意外に遠く、自宅から車で3時間。前日入りしてレースに挑みました。
 
 
宿泊したホテルは、スタート地点より徒歩10分程度
チェックイン後は、仕事柄でしょうか? 客室のテレビチェックを実施。
 

1、テレビサイズは32型
 
ボリュームゾーンサイズの32型テレビ、シングルルームに設置されるケースも多くなってきました。
 
2、視聴チャンネルは、地上波とBS放送
 
有料放送・外国語放送等が無いシンプルな仕様です。BS1OchにD-lifeを入れてるあたり、行き届いてるなという印象も、
しかしながらBS放送は受信不良で映らず・・・・残念
 
3、施設ガイド等は無し
 
テレビdeインフォをお勧めします!!
 
 

その後受付を済ませて、コース後半のアップダウン箇所確認のドライブ
天草マラソンコースは、細かいアップダウンの連続と海からの風がある難コースとの事前情報

想像以上の坂に引きました・・・
我が家に上る坂道と同じくらいの上りです。
 

体調は、可もなく不可もなく。
 
天気予報は、まさかの雪のち雨→曇り
 
最低気温 -1℃ 最高気温9℃

目標は3時間35分切り
 
前半はキロ5分20秒くらいで入って、徐々に5分まで上げる作戦です。
 

後半へ続く~

伊万里ハーフマラソン2018に参加

2018-01-09
今年上半期の3走のうちの1つ、佐賀県伊万里市で開催された【伊万里ハーフマラソ】に参加してきました。請関です。
 
前日から自宅のある福岡県久留米市はぐずついたお天気。伊万里市を調べても降水量は少なくても雨は降る模様。
当日、ドシャ降りでない限り参加しようと決め25時に就寝(気持ちは不参加になびいていた。逃げる理由を考えていた。理由は記録更新に自信がなかったから・・・)
 
予定通りに起床し、塩おにぎりとカステラ・水を摂取。天気は曇り、いや曇天!!意味は曇りと同じのようだが、シェンロンでも出てきそうなくらい暗黒の空の様子が正しくドンテンという読みにふさわしい・・・
『赳!!逃げちゃダメだ。行こう。』
妻からの「頑張って♪」愛娘からの「お父さんFight♪」・・・などはなく、静かな自宅を後にした(笑)
現地に到着し、取引先の方にお会いし新年のご挨拶。
今回の目標は、自己ベスト1時間43分切り。&さが桜マラソンに向けて、ただ走るのではなく、前半抑え気味で、後半11キロを飛ばすという作戦。
 
道中を書くと非常に長くなるので割愛します。記録は1時間46分台。多少満足している自分がいる・・・
 
良かった点
・伊万里大橋の強烈な上り坂を疲労を残すことなく走破
・高級ジェルを少しずつ補給し、補給練習経験
・合計20分前後の豪雨にもよく耐えた
・ラスト1キロが最速(ただ、余力残していただけ?)
 
悪かった点
・自己ベストならず
・飛ばすと決めていた17~20キロまでボーッとしていたのか想定より30秒もペースダウン
・千円しか所持しておらず、手当り次第食べていたら、本命の伊万里牛バーガーで100円足らず(-_-;)
・ゲストランナー谷口浩美さんと緊張して話せず(延岡話でいけたはず)
・下着のパンツを忘れて帰りはノーパン
 
反省点の後半部分、ランニング関係ないし!!とツッコんでいただいたところで総評。
 
3月のフルに向けて課題もみつかりましたが、ハーフとフルは全く別競技。これからの普段の練習に懸かっています。
ハーフは久しぶりの参加でしたが、憂鬱さもなく走っていて楽しい!!
3月のフルマラソン撃沈したら、フルは当分やめてハーフの100分切りを目指そうかな♪
 
帰宅すると、「お疲れさん!お風呂沸かしてるよ!」「お父さん何位やった?243位?遅っ!!疲れた?私お昼うどん食べたー」と家族の温かい声をいただけました。